スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンドウテキストの一致

readme.txtに書いていない機能があります。
通常の「頭文字変更位置の保持」では実行ファイル名(*.exe)の一致しか見ていませんが、
「ウィンドウテキスト」の一致も含めることが出来ます。
Teratermなどでサーバに繋いでいるときなどに便利かも知れません。

ウィンドウテキストは、アプリによって設定するタイミングが違っていて、
上手く取り込めないので正式な機能として乗せていないのです。
このタイミングズレのため、ウィンドウテキスト一致しているときには「リスト更新(Ctrl+L)二度押し」が
必要になってしまいます。二度押しすると、頭文字を記憶していないところも場所が変わります。

ほとんど頭文字覚えせて使っている場合には
あまり気にならないと思いますので、、良かったら使ってみてください。

続きを読む

スポンサーサイト

窓替えver.0.7.5.29(テスト版)

窓替えの情報を書くためのブログを始めました。
ご要望、バグ情報など、コメント/トラックバック頂けると幸いです。

ver.0.7.5.20公開前に頂いていたご要望を含めたテスト版の公開です。
窓替え ver.0.7.5.29

ver.0.7.5.20からの主な変更点は以下です。
詳しくはreadme.txt の「13. 履歴」を参照ください。
  1. マウスホイールでカーソル移動するようにしました。
  2. 常駐/非常駐を変更出来るようにしました。
  3. 表示時にインクリメンタルサーチに入る設定を追加しました。
  4. フォーカスが外れたら非表示になるようにしました。
  5. 「リストスタイル変更」をしても場所が変わらないようにしました。
  6. マウスカーソル位置の表示を右下展開から、カーソルを中心に展開に変更しました。
  7. インクリメンタルサーチの逆方向(上方向)検索を追加しました。
  8. iniファイルの「User1」を「Rename」に名前を変更しました。
  9. 「Rename」(旧User1)の初期ショートカットをCtrl+RからAlt+Rに変更しました。Ctrl+Rは、インクリメンタルサーチの逆方向に使用することにしました。
  10. iniファイルの「ToggleLookAround」の初期値をCtrl+AからAlt+Aに変更しました。
  11. インクリメンタルサーチでCtrl+Uで入力文字の全クリア出来るようにしました。(既存のESCと同じです)
  12. インクリメンタルサーチで一致したときは、一致文字を表示するようにしました。(某C/Migemo対応の良アプリを参考にしています)
  13. madokae.exeを二回実行した場合はホットキーと同じ動作にしました。
  14. 「madokae.ini」-「ToggleShowOnMouse=Ctrl+T」を削除しました。
バージョンアップの場合には、以下のことに注意してください。
  • 「madokae.ini」-「User1」 を変更していた場合は、「Rename」に名前を変えて設定しなおしてください。User1は削除して構いません。
  • Ctrl+Rを使用していた場合は、「madokae.ini」-「IsearchBackward=Ctrl+R」を他の設定にするか、使用しているCtrl+Rを別の設定にしてください。
  • Ctrl+Uを使用していた場合は、「madokae.ini」-「EraseLine=Ctrl+U」を他の設定にするか、使用しているCtrl+Uを別の設定にしてください。
  • 「madokae.ini」-「ToggleShowOnMouse=Ctrl+T」は無効になります。

プロフィール

taklasoft

Author:taklasoft
窓替え公開中!
Takla software factory

最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
3608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
353位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。