スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Operateプラグインに最大化と移動を追加

Operateプラグインに最大化と移動を追加しました。

Operate plugin ver.0.1.6.4 272KB - ダウンロードはこちらからどうぞ。
  • 最大化と移動を追加しました。

要望いただいた機能の追加です。
ついこの間の話だと思ってたのに7ヶ月も過ぎていました。

これを作るために調べていて知ったことですが、
Windows7ではShift+右クリックで移動や最大化のメニューが出るようです。
スポンサーサイト

Bridgeでフォルダを開く

だいぶ経ってしまいましたが、要望のあったBridgeカスタマイズ方法です。

以下を出来るようにします。
  • 例1 エクスプローラで特定フォルダを開けるように。
  • 例2 上記の中の特定「○○○.exe」を開けるように。
  • 例3 上記の中のショートカット「○○○.lnk」を開けるように。
# 文言は要望のまま引用させて貰いました。

設定

  1. MkaeBridge.cfg を編集する。
    とりあえず3つとも出来るように追加してしまいます。 不要なものは後から削除してください。

    サンプル:
    madokae/plugin/Bridge/MkaeBridge.cfg を開いて、 [Action]セクション と [Alias]セクションに以下を追加してください。
    MkaeBridge.cfg
     [Action]
     # OnWindowActiveNotFound ____________________________________________
     OnWindowActiveNotFound=\
    +	&alias(NONE,$ALPH)\
     	&alias(NONE,$ALPH,$RSVNAME)\
     	&alias(NONE,$RSVNAME)\
     	"&fullpath($RSVNAME)"
     [Alias]
    +# explorer へ渡す
    +NONE,E=explorer "C:\Program Files"
    +NONE,F=explorer /select,C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe
    +NONE,G=explorer /select,C:\Documents and Settings\takla\デスクトップ\madokae.log.lnk
    +# 実行する
    +NONE,H="C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe"
    +NONE,I="C:\Documents and Settings\takla\デスクトップ\madokae.log.lnk"
     # デフォルトの記述
     NONE,meadow.exe="&dirpath(meadow.exe)\RunMW32.exe"
     NONE,=ignore
    
    ^行頭に+の書いてある行を追加してください。(+は不要)
    &alias(NONE,$ALPHA)\ の前はタブ文字です。
    NONE,の後ろのE/F/G/H/Iは動作キーです。適当なキーに変更してください。
    NONE,GとNONE,Iの行は実際に存在するショートカットに適当に変更してください。.lnkを忘れずに。

  2. 定義を反映する。
    窓替えを再起動する。
     または
    窓替えで右クリック > プラグイン > Bridge > 定義ファイルの再読込 をする。
    どっちでも構いません。
  3. 試す。
    E を押すと、explorer が "C:\Program Files" で開きます。
    F を押すと、explorer が iexplorer.exe を選択した状態で開きます。
    G を押すと、explorer が maodkae.log.lnk を選択した状態で開きます。
    H を押すと、iexplorer.exe が起動します。
    I を押すと、madokae.log が開きます。

説明

  • 例1. エクスプローラで特定フォルダを開けるように。
    この行です。
    NONE,E=explorer "C:\Program Files"
    
    E を押したら explorer を起動して "C:\Program Files" を開きます。
    ""で括るのを忘れないでください。

    E に explorer を予約して実行したいのであれば、以下のように書いてください。
    その場合は &alias(NONE,&ALPAH)\という行も不要です。
    NONE,E,explorer.exe=explorer "C:\Program Files"
          ^^^^^^^^^^^^^ここを追加
    

  • 例2. 上記の中の特定「○○○.exe」を開けるように。
    この行です。
    NONE,F=explorer /select,C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe
    NONE,H="C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe"
    
    上の行は explorer を開いて iexplorer.exe を選択状態にします。
    下の行は そのままiexplorer.exeを実行します。

    たぶん上だと思いますが、どっちか判断付かなかったので両方書きました。
    不要な方は削除してください。

    予約して実行する場合は 1 と同じくexplorer.exeを書いて &alias(..)の行は追加しないでおいてください。
    NONE,F,explorer.exe=explorer /select,C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe
          ^^^^^^^^^^^^^ここを追加
    

  • 例3. 上記の中のショートカット「○○○.lnk」を開けるように。
    この行です。
    NONE,G=explorer /select,C:\Documents and Settings\hoge\デスクトップ\madokae.log.lnk
    NONE,I="C:\Documents and Settings\hoge\デスクトップ\madokae.log.lnk"
    
    上の行は explorer を開いて madokae.log.lnk を選択状態にします。
    下の行は そのまま実行します。

    これも同じく両方書きましたが不要な方は削除してください。
    予約して実行する場合は これも 1 と同じです。

Bridgeプラグイン修正

Bridgeプラグインのバグ修正です。

Bridge plugin ver.0.1.6.2 443KB - ダウンロードはこちらからどうぞ。
  • Windows7で枠が太くなるのを修正しました。
  • アプリ起動時に起動パスを指定するようにしました。
Windows7の方の修正は仮想環境では確認しましたが、
素のWindows7が手元にないためAeroでは動かせていません。
きちんと出来ているか報告いただけると助かります。

アプリケーションのフォルダーを開く

プラグイン第二弾です。
窓替えを使って、アプリケーションのフォルダーを開く方法です。

方法1. OpenFolderプラグイン を使う。
プラグインを入れるだけで機能します。簡単です。

方法2. Bridgeプラグイン を使う。
同じ動作をBridgeプラグインで行う方法です。 Bridgeプラグインを入れるだけで機能しています。
  • 1. ダウンロードしたBridgeプラグインを ./plugins/Bridge に展開後、窓替えを一度起動、終了してください。
  • 2. ./plugins/Bridge/MkaeBridge.cfg を以下のように編集してください。
    20行目あたりに以下の行があることを確認します。 追加する行の2行目の頭はタブ文字(空白ではNG)を入れてください。
    ./plugins/Bridge/MkaeBridge.cfg
    エクスプローラで開く(&E)\
    	F3\
    	1\
    	explorer "$DIRPATH"
    
    explorerの行は、以下のように書き換えた方が便利です。
    	explorer /select,$DIRPATH\$FILENAME
    
  • 3. 窓替えを起動してください。
  • 4. 'F3キー' を押すと、カーソル上アプリケーションのフォルダーが開きます。

再起動をする方法を記述しましたが、再起動しなくてもMkaeBridge.cfgは変更できます。
1. 窓替えを起動したままMkaeBridge.cfgを編集、
2. 右クリックメニュー>[プラグイン]>[Bridge]>[定義ファイルの再読込]
3. 'F3キー' を押す。

画面の外へ行ったウィンドウを戻す

プラグイン第一弾です。

窓替えを使って、画面外へ行ってしまったウィンドウを画面内に戻す方法です。
窓替えでウィンドウをアクティブ化したときに機能します。

方法1. BringBackToDesktopプラグイン を使う。
プラグインを入れるだけで機能します。簡単です。
方法2のBridgeプラグインとの違いは、'ショートカットキーを押したときだけ実行' が出来る点です。
既にBridgeプラグインを入れている人は機能しているはずなので、現在の動きで不満が無ければ不要なプラグインです。

方法2. Bridgeプラグイン を使う。
同じ動作をBridgeプラグインで行う方法です。 こちらもBridgeプラグインを入れるだけで機能しています。
方法1と違い、常に機能します。
  • 1. ダウンロードしたBridgeプラグインを ./plugins/Bridge に展開後、窓替えを一度起動、終了してください。
  • 2. ./plugins/Bridge/MkaeBridge.cfg を以下のように編集してください。
    43行目あたりに以下の行があることを確認します。 追加する行の2行目の頭はタブ文字(空白ではNG)を入れてください。
    ./plugins/Bridge/MkaeBridge.cfg
     [Action]
     # OnWindowActive ____________________________________________________
     OnWindowActive=\
     	"$MKAEDIRPATH\plugins\Bridge\widget\winindsk.exe" $HWND
    
  • 3. 窓替えを起動してください。
プロフィール

taklasoft

Author:taklasoft
窓替え公開中!
Takla software factory

最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
8276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
744位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。